JA湖東のこと

概要

 JA湖東は滋賀県の東部、湖東平野の中央に位置し、東に鈴鹿の連峰を仰ぐ自然の環境に恵まれた穀倉地帯にあります。
 昭和40年4月に旧湖東町内の東押立、西押立、豊椋の3農協が合併、昭和41年3月に旧愛東町内の角井農協と再合併し湖東農業協同組合として発足しました。平成13年10月に旧愛東町内の西小椋農協と合併し現在の湖東農業協同組合として発足しました。

沿革

平成13年 湖東農協と西小椋農協の合併 湖東農業協同組合 発足
平成19年 湖東カントリー 改修
葬祭ホール ともしび 完成
平成26年 角井、西小椋支所の支所統合 愛東支所 新設
平成30年 新本所棟 完成
東押立、西押立、豊椋支所の支所統合 湖東支所 新設

本所 所在地

住所 〒527-0113
滋賀県東近江市池庄町507番地
電話 0749-45-0551(代表)
FAX 0749-45-0904

経営理念

基本理念

JA湖東は、協同の精神を軸とし、各事業を通じて地域農業の発展と安心して暮らせる豊かな地域社会づくりに寄与します。

基本方針
  1. 持続可能な農業の実現

    消費者の信頼にこたえ、安全で安心な農畜産物を持続的・安定的に供給できる地域農業を支え、再生産可能な農業所得の確保を図りつつ、農業者の笑顔が集う姿を目指します。

  2. 豊かでくらしやすい地域社会の実現

    総合機能の発揮により地域の課題解決を図るとともに、JAに集まる裾野の広い地域住民の自主的な活動をJAの総合事業で支え、豊かで暮らしやすい地域社会の実現に貢献します。

  3. 協同組合としての役割発揮

    時代とともに変わる農業情勢を敏感に察知し、JAに集まる次代をはじめ多様な組合員、地域住民等とともに、「食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合」として存在意義を発揮し、農家組合員の所得増大と、地域の活性化に向け、創意工夫をこらした創造的自己改革を実践します。

代表者

代表理事組合長 野田 敬治

役員

代表理事組合長 野田 敬治
代表理事専務 磯部 義太郎
常勤理事 加藤 孝幸
代表監事 藤田 豊
常勤監事 髙田 忠明

組合員数 出資総額

以下 平成30年3月31日現在

正組合員 1,546人
准組合員 2,424人
出資総額 659,804千円

役職員数

理事 16名
監事 4名
職員 男性 71名
女性 35名
合計 106名(嘱託・パート含む)

組織の構成

主な事業

貯金高 54,434,785千円
貸出金 4,493,813千円
有価証券 4,366,436千円
長期共済保有高 121,780,967千円
購買供給高 725,468千円
受託販売品取扱高 1,235,608千円
葬祭利用高 169,170千円

単体自己資本比率

15.53%

ディスクロージャー

関連子会社

有限会社タノーム
代表者 代表取締役 垣谷 康隆
所在地 滋賀県東近江市池庄町546番地
電話 0749-45-5252
主な事業内容 農業の経営