JA湖東のこと

概要

 JA湖東は滋賀県の東部、湖東平野の中央に位置し、東に鈴鹿の連峰を仰ぐ自然の環境に恵まれた穀倉地帯にあります。
 昭和40年4月に旧湖東町内の東押立、西押立、豊椋の3農協が合併、昭和41年3月に旧愛東町内の角井農協と再合併し湖東農業協同組合として発足しました。平成13年10月に旧愛東町内の西小椋農協と合併し現在の湖東農業協同組合として発足しました。

沿革

平成13年 湖東農協と西小椋農協の合併 湖東農業協同組合 発足
平成19年 湖東カントリー 改修
葬祭ホール ともしび 完成
平成26年 角井、西小椋支所の支所統合 愛東支所 新設
平成30年 新本所棟 完成
東押立、西押立、豊椋支所の支所統合 湖東支所 新設

本所 所在地

住所 〒527-0113
滋賀県東近江市池庄町507番地
電話 0749-45-0551(代表)
FAX 0749-45-0904

経営理念

基本理念

 JA湖東は、協同の精神を軸とし、各事業を通じて地域農業の発展と安心して暮らせる豊かな地域社会づくりに寄与します。

基本方針

 令和元年度は、第6次中期経営計画の最終年度であり、地域農業の振興と発展を目指し、目に見えるJA湖東自己改革の総仕上げとして取組んでまいります。

 また、働き方改革関連法の施行に伴い、各事業の実施体制の見直しを図り、働きやすい職場づくりを目指します。

  1. 農家組合員の所得増大と農業生産の拡大

     自己改革の基本目標である「農家組合員の所得増大と農業生産の拡大」の実現に向けて、訪問活動による営農相談・支援の充実を図り、中心となる担い手及び農家組合員のトータルコスト低減の実践と生産・販路拡大に、JAの全部署が連携して取組みます。

  2. 総合事業経営による地域の活性化とくらしの支援

     時代とともに変わる組合員の期待を敏感に察知し、スムーズに事業を利用していただけるように総合事業を発揮し、組合員・利用者の方々に向けての情報提供や食農教育の拡充・助け合い・生活文化活動にて輪を広め、豊かでくらしやすい地域づくりに取組みます。

  3. 自己改革を支えるJA経営基盤の確立

     組合員・利用者の方々から慕われるJA湖東を目指し、明るい職場作りと素早く対応できる体制を整えます。また同時にJA経営基盤の確立のため、経済事業の見直しによる収支改善、法令順守の徹底やコンプライアンス態勢の構築、内部統制(仕事の流れ)整備に取組みます。

代表者

代表理事組合長 野田 敬治

役員

代表理事組合長 野田 敬治
代表理事専務 磯部 義太郎
常勤理事 加藤 孝幸
代表監事 藤田 豊
常勤監事 髙田 忠明

組合員数 出資総額

以下 平成31年3月31日現在

正組合員 1,527人
准組合員 2,422人
出資総額 659,506千円

役職員数

理事 16名
監事 4名
職員 男性 63名
女性 34名
合計 97名(嘱託・パート含む)

組織の構成

主な事業

貯金高 54,941,130千円
貸出金 3,998,834千円
有価証券 4,230,394千円
長期共済保有高 117,868,894千円
購買供給高 704,637千円
受託販売品取扱高 1,144,948千円
葬祭利用高 142,222千円

単体自己資本比率

13.97%

ディスクロージャー

関連子会社

有限会社タノーム
代表者 代表取締役 垣谷 康隆
所在地 滋賀県東近江市池庄町546番地
電話 0749-45-5252
主な事業内容 農業の経営